上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
杉本栄一『近代経済学の解明』(上)(下)岩波新書

うかつだった。この本を読まずに経済学を勉強していた気になっていたなんて、ああ恥ずかしい。しかし注意しよう。著者が冒頭で指摘するように、この本はあくまでも「入門書」であり、「近代経済学の解明」は、この本を読了したのち、個別具体的なテクストを読むことでようやく開始されるのだ。

もうひとつ注意しなければならないのは「近代経済学」の概念。これはたんに特定の方法論や理論体系を指すのではない。資本主義という経済体制の構造的矛盾や問題点に直面するなかで紡がれてきた理論、その総体を「近代経済学」という。それゆえワルラスも、マーシャルも、ケインズも、マルクスも、みな近代経済学の理論家である。

同じように、限界効用理論も、一般均衡論も、ケインズ『一般理論』も、マルクスの『資本論』も、特定の時代的・社会的文脈のなかで、すなわちその時代・社会における実践的・具体的な問題のもとで、必要とされた理論である。たんなる「分析の道具」ではないのだ。
スポンサーサイト
 
森嶋通夫を読んでいる。

『思想としての近代経済学』岩波新書
『無資源国の経済学』岩波書店

とりあえずこれだけ。
全集も出てるので、そちらもおいおい。

Wikipediaで調べたところ、奇人・変人伝説を持つ人だったらしいことがわかった。いったいその内容とは?

論述は非常に格調高い。ときにはかなり攻撃的である。とはいえ、内容はバランスが取れているように思う。経済学は数学的な公理体系ではなく、人間理解の学問である、ということを(異なった形で)何回も繰り返す。近代経済学を専門としつつ、マルクス経済学、社会学への目配りもされている。やはりこれらの「融合」というか「統合」というか、そのへんをどう自分なりに解いていくかが、重要なのだろう。とりわけこれから経済学を学び、研究していく身としては。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。