上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
1日から3日にかけて、房総半島へ行き、いろいろ飲み食いしてきた。地元でとれたイカ、アジなどの海産物がうまかった。

地元の強みである。

地産地消という言葉は「しゃらくせえ」ので好きではないが、うまくて安いものを求めれば、しぜんと地の物に行き着く。

2日は鴨川シーワールドへ。
シャチのショーを見た。とにかくでかい。
シャチショー2

最前列には、水しぶき、ではなく、水のカタマリ(大きめのバケツ数杯分)が容赦なく何度も叩きつけられる。ま、最前列には誰も座らないんだが。

その後、東京からもっとも近い棚田、大山千枚田へ。
大山千枚田

大山千枚田といえばオーナー制度で有名。いくつかレポートを読んだことがあるけど、地域内の意識差や活動の持続性などの点で、問題なしとは言えないらしい。

「感動」や「教育」といった媒体(メディア)で、農林業を持続させるのは、かなり難しいんじゃないか。可能ではあるにせよ。といったことをつらつら考える。

3日は内房線を北上。館山から2駅、「富浦」で途中下車。その理由とは。
猫だパーク1

「コメリ」に来たわけではなく、「猫だパーク(にゃんだぱーく)」へ。100匹の猫が放し飼いにされている夢のようなテーマパーク。

猫だパーク2

こんな感じでみなさん昼寝中。ねむいねむい。

特に大きな目的のない、よい旅でした。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。