上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
いつの間にかトップページに広告が表示されていたのが許せん。私が更新しなかったせいなんだが。

ともあれ、ここ数ヶ月ほとんど読書らしい読書をしていなかったのだが、ようやく時間ができたので何冊か買いました。

根井雅弘『ケインズとシュンペーター 現代経済学への遺産』NTT出版、2007年
書き上げてしばらくしてからふと思ったのだが、ここ数ヶ月書き続けていた論文にはシュンペーター的な発想が入り込んでいるような?本当かよ。

齊藤誠『成長信仰の桎梏 消費重視のマクロ経済学』勁草書房、2006年
昨年から買おう買おうと思いながら後回しにし続け、先日たまたま書店で見かけて買った。金融&マクロ経済入門一歩前。

中島岳志『パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義』白水社、2007年
『中村屋のボース』に続く、気鋭の歴史学者の著書。まだ軽く眺めた程度だが、相変わらずうまいねえ。いや、研究論文のほうは読んだことないが、とにかく一般向けに「読ませる」文章はとてもうまいと思う。くそう。天は二物を与えやがった。一つ私にくださいな。

東浩紀『批評の精神分析 東浩紀コレクションD』講談社、2007年
LSDシリーズ完結。美少女ゲームを扱った第7章はさすがにディープすぎてフォローできません。個人的には稲葉振一郎との対談(第9章)がおもしろかった。

白坂蕃『スキーと山地集落』明玄書房、1986年
本来ならば論文執筆前に買っておけ的な本。なぜ今頃。

矢口芳生『現代蚕糸業経済論』農林統計協会、1982年
本来ならば博士課程入学時に買っておけ的な本。なぜ今頃。

加用信文『日本農法論』御茶の水書房、1972年
本来ならば学部時代に買っておけ的な本。なぜ今頃。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。