上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
萱野稔人『国家とはなにか』以文社、2005年

気鋭の哲学者による、スリリングな国家論。

著者は1970年生まれ、パリ第十大学で哲学の学位を取得し、左翼系知識人と目されている。上記本の存在は以前から知っていた(朝日の書評で柄谷行人が取り上げていたと思う)が、興味を持ったのは2006年7月、マル激での宮台真司・小林よしのりとの対談を見た(聞いた)ときからだ。

本書は7つの章で構成される。1~3章は国家の成り立つ仕組みについての概念的な論考、5~7章は同様のテーマの系譜学的な論考、中間の第4章は既存の国家論のレビューを通じて本書の立場がより鮮明に表される。

はじめから順に読んでいった。詳しい内容は省略するが、簡潔にまとめると、国家という概念を「暴力の集権組織」という観点から整理し、返す刀で既存の国家論、のみならず国家と資本主義の関係についての従来の左翼的理解を切っていく。

以上が本書全体を通じて示されていくわけだが、正直な話、1、2章を読んでいるときは「まあそうかな、そういう説明もありだよね」程度の感想しか持てなかった。

しかし第3章「富の我有化と暴力」において、税の徴収メカニズムが説明されるあたりから少し印象が変わってくる。「そういう説明もありだよね」程度ではない、大きな理論的インパクトをもたらす論考なのではないか。そのように思えてくる。

「方法的考察」と題された第4章を経て、第5章以降の系譜学的考察においてその印象は決定的となった。国家とは、人間が「暴力」と無関係でありえないがゆえに生じる不可避の運動のことであり、特定の生産様式や「国民」という幻想によって生じるのではなく、それらに先立って一気に成立するものだ、ということが示される。

本書末尾では、国家と資本主義の入り組んだ関係が暴かれる。近年における公理系の「全体主義的縮減」に対抗する実践的論理として、公理系のレベルでの闘争・討議が提起される。公理系という用語はドゥルーズからのものらしいのだが、僕の(浅はかな)考えでは、これは「依然として歴史は終わっていないし、思想も死んでいない、さらにはイデオロギー闘争も無効ではない」という主張ではないかと思う。この結論については、(そのインパクトを重く受け止めた上で)現時点では評価を保留しておきたい。

最後に、若干気になる点。僕自身が面白いと思ったのは、ほぼドゥルーズ=ガタリ『千のプラトー』(それも500ページ付近に限定される)の引用・解釈のみで論理展開がなされている箇所だったこと(もちろんそうした論理展開の背景には幾多の文献があり、著者もそれを踏まえているのだろうが)。まあだからといってこの本の面白さ・インパクトが減じるわけではないだろう。ドゥルーズは有名だが、そこからこのような議論を引き出した、ということこそが重要なのだから。これを期に、あまり馴染みのなかったドゥルーズ=ガタリを読んでみようかと思う。でも、引用されている文章を読む限り、自力で読破は難しそう…。
スポンサーサイト
 
綾辻行人と佐々木倫子のコラボレーションミステリ漫画。
以下ネタバレあり。

ミステリの筋そのものはそれほど出来がいいとは思えない。犯人の殺人の動機がやや中途半端で、その最期もなんとなくいい加減。トリックとして秀逸なのは「走っているのに走っていない電車」だが、それと殺人はあまり関係がない。

とはいえ、「走っているのに走っていない電車」というトリックには、漫画という媒体の特徴がこれ以上ないほど巧みに生かされている。漫画の絵は動かない。常に「瞬間」を切り取った「画面」の連続体が漫画であり、映画や小説とは決定的に違う。映画や小説ではこのトリックは使えないだろう。漫画は切り取られた個別個別の画面によって、音や雰囲気、時間的な経過や脈絡を表現している。「走っているのに走っていない電車」というトリックは漫画のこうした特徴(というか本性)をうまく利用して成り立っている。

もう一つ興味深いのはストーリー展開だ。沖縄の女子高生が北海道で鉄道オタクたちと出会う。沖縄出身というのは前述のトリックからの要請だからあまり意味はない。重要なのは、主人公の女子高生が両親を喪い、北海道に住むただ一人残された肉親である祖父に鉄道で出会いに行くという構造だ。

主人公の祖父も鉄道オタク(というか年齢的にはマニアというのかな)で、その娘(主人公の母親)はそれを嫌って家を出た。主人公は鉄道に乗ったことがない。いつも母親が妨害してきたからだ。友人から「ゆいレール」に誘われても乗ることができない。母親のトラウマが娘に受け継がれているのだ。それは母親が死んでも変わらない。それどころかますます強い呪縛となっていく。

ところが祖父に会うために、生まれて初めて鉄道に乗ることになる。そこで出会うのが自分の趣味に耽る「鉄道オタク」たちだ。唯一、(少なくとも外見上)オタクとは違い「趣味のいい腕時計」をした男性が同行しており、主人公は心ひかれるが彼は物語中盤で死んでしまう。結末で、彼の死に主人公が関わっていることが明かされる。そのような意図がなかったとはいえ、主人公は結果的に「趣味のいい腕時計」をした男を自ら殺してしまったのだ。

主人公はそれを知り傷つく、そのとき彼女を慰めるのは「鉄道オタク」たちだ。もちろん主人公はそんな「鉄道オタク」たちを好きになることができない。なにしろ「空海(主人公の名前)と俺のラブダイヤ」なる架空のダイヤ表をひそかに作るような男たちだ。しかし、犯人に殺された主人公の祖父はある遺言を残していた。鉄道オタクの泣いて喜ぶマニア品を蒐集した邸宅を財産ごと譲ること。ただし、次のような条件付きで。鉄道を少なくとも嫌いでないこと

主人公はこれを受け入れる。この決定は重要である。彼女はそこで、母から受け継いだトラウマを(完全ではないにせよ)乗り越えるからだ。その媒介者は、もちろん、あの「鉄道オタク」たちである。ごく単純化して言ってしまえば、主人公の女子高生は、「趣味のいい時計」をしたスマートな男よりも、他人からみれば理解困難な趣味に耽る「オタク」たちのいる世界を選択することによって、トラウマの乗り越えを図るのだ。

物語の結末で、「趣味のいい時計」をしたスマートな男が、実は「オタク」どころではない狂気を秘めた人間であることが明かされる。そのことに気づくのは主人公だが、その気づきには「趣味のいい腕時計」が関わっている。彼女がみたと思った時刻(8時10分)は、実は長針と短針が逆で、1時40分だった。その時計は壊れて止まっていたのである。このエピソードは、「趣味のよさ」というような価値の失墜、裏返せば何もかもオタク的な耽溺に転化せざるをえない、現代社会の隠喩になっているのではないだろうか。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。