上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
練馬区へアンケート調査の手伝いに行ってきた。「中国産農産物は絶対食わん」「アメリカの農産物は安全そう」といった意見があったようで、どこからこうした意見が生まれてくるのだろうか。などと考えるが、これについてはまたいつか書く。

調査の帰りに「いわさきちひろ美術館」へ。

1.いわさきちひろの描く子どもたちは、みな、無垢である。ただし、それは僕たちが普通に思い描く「無垢」とは、微妙に違っている。笑っている子どももいるが、むしろ、大部分の子どもの表情は、「不安」を表しているように見える。いわさきちひろの描く「無垢」は、喜びや天真爛漫ではなく、「不安」である。

2.この、子どもにおける「無垢=不安」は、何を意味するだろうか。「無垢」とは、何物にも汚されていない状態である。ということは、「無垢=不安」が意味するのは、人間の生の奥底にある、根源的な不安である。

3.そのような「不安」の最たるものは、「私とは誰なのか」という問いである。

4.興味深いことに、子どもはこの問いを、自分自身にではなく、周囲の大人へ、すなわち他者へと問う。たんなる「あんた誰?」や、内省的な「僕って誰?」ではない。赤ん坊は、その泣き声と笑顔を通じて、大人たちに問いかけ、答えを強要する「答えよ、私は誰なのか」。大人は、(知らず知らずのうちに)それに応えることで、子どもの成長を促していく。

5.ところで、いわさきちひろは晩年、次のように語っている(おおよその感じ。原文はもっとずっと格調高く美しい)。

「いまが完璧とは思わないが、過去に戻りたいとも思わない。若い頃に受け入れることのできなかったものを、いまは、少しは愛することができる。欠点だらけの長男、めんどうな夫、半身不随の実母。彼らを愛することができるのは、「大人」になったいまの自分だからこそだ。」

6.不完全であるにもかかわらず、というより不完全であればこそ、自己を、他者を、そして世界を愛する。こうした覚悟を持つに至った人間を「大人」と呼ぶならば、その人こそは(その人だけが)、赤ん坊の「答えよ、私は誰なのか」の問いに答える資格を持つ。双方に共通するのは、不完全さを、あるいは不安を、そのままに受け入れることのできる、ある種の「強さ」である。
こういうことを考えたのは、(最近の憲法をめぐる新聞報道なんかもふまえて)、「すっきり」したもの・状態に、過度に固執する態度へ、疑義を呈しておきたかったからだ。

「すっきり」信奉者は、農業経済学のなかにもいる。曰く、農地のゾーニングを徹底し農地転用期待を根絶せよ。曰く、食料はすべて国内で生産されるのが望ましい。こういった意見を否定するつもりはないけれど、学問的には実りの少ない問題設定だと思う。

「自己」「他者」「世界」に巣くう葛藤から目を背けず、自らのものとして引き受けよ。性急な解決を求める前に、「何が起きているのか」を、目がつぶれるほどのリアリティをもって見極めよ。
現実とは、常に葛藤の中にあり、そしてそこにしかないのだから。
スポンサーサイト
 
Comment
  niki [URL] #-
とても熱く、心地よいバランス感に溢れた文章でした。
「現実とは常に葛藤の中にある」、時々忘れそうになります。葛藤に甘んずることなく葛藤する、それしか葛藤を継続することができないのであれば(僕はそう考えるのですが)、葛藤は常に「結果」としての一つの状態なのでしょうか。
 2006.05.07 Sun 21:45 [Edit]
  Arrivederci [URL] #-
「結果」としての一つの状態ではなく、「結果を出さないこと」、「同じ問いを繰り返すこと」が葛藤の本義であるような。
葛藤は「葛藤」として固定されない限りにおいて葛藤であり……。
というか、葛藤は「当事者であること」の別名なのかもしれない。
訳分からなくてすまん。
 2006.05.07 Sun 22:44 [Edit]
  (名無し) [URL] #-
洋書を探すなら http://www.gvshops.com/200162/507873/
洋書 2008.09.23 Tue 19:39 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://noyoka.blog49.fc2.com/tb.php/24-2a3d8c50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。