上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
萱野稔人『国家とはなにか』以文社、2005年

気鋭の哲学者による、スリリングな国家論。

著者は1970年生まれ、パリ第十大学で哲学の学位を取得し、左翼系知識人と目されている。上記本の存在は以前から知っていた(朝日の書評で柄谷行人が取り上げていたと思う)が、興味を持ったのは2006年7月、マル激での宮台真司・小林よしのりとの対談を見た(聞いた)ときからだ。

本書は7つの章で構成される。1~3章は国家の成り立つ仕組みについての概念的な論考、5~7章は同様のテーマの系譜学的な論考、中間の第4章は既存の国家論のレビューを通じて本書の立場がより鮮明に表される。

はじめから順に読んでいった。詳しい内容は省略するが、簡潔にまとめると、国家という概念を「暴力の集権組織」という観点から整理し、返す刀で既存の国家論、のみならず国家と資本主義の関係についての従来の左翼的理解を切っていく。

以上が本書全体を通じて示されていくわけだが、正直な話、1、2章を読んでいるときは「まあそうかな、そういう説明もありだよね」程度の感想しか持てなかった。

しかし第3章「富の我有化と暴力」において、税の徴収メカニズムが説明されるあたりから少し印象が変わってくる。「そういう説明もありだよね」程度ではない、大きな理論的インパクトをもたらす論考なのではないか。そのように思えてくる。

「方法的考察」と題された第4章を経て、第5章以降の系譜学的考察においてその印象は決定的となった。国家とは、人間が「暴力」と無関係でありえないがゆえに生じる不可避の運動のことであり、特定の生産様式や「国民」という幻想によって生じるのではなく、それらに先立って一気に成立するものだ、ということが示される。

本書末尾では、国家と資本主義の入り組んだ関係が暴かれる。近年における公理系の「全体主義的縮減」に対抗する実践的論理として、公理系のレベルでの闘争・討議が提起される。公理系という用語はドゥルーズからのものらしいのだが、僕の(浅はかな)考えでは、これは「依然として歴史は終わっていないし、思想も死んでいない、さらにはイデオロギー闘争も無効ではない」という主張ではないかと思う。この結論については、(そのインパクトを重く受け止めた上で)現時点では評価を保留しておきたい。

最後に、若干気になる点。僕自身が面白いと思ったのは、ほぼドゥルーズ=ガタリ『千のプラトー』(それも500ページ付近に限定される)の引用・解釈のみで論理展開がなされている箇所だったこと(もちろんそうした論理展開の背景には幾多の文献があり、著者もそれを踏まえているのだろうが)。まあだからといってこの本の面白さ・インパクトが減じるわけではないだろう。ドゥルーズは有名だが、そこからこのような議論を引き出した、ということこそが重要なのだから。これを期に、あまり馴染みのなかったドゥルーズ=ガタリを読んでみようかと思う。でも、引用されている文章を読む限り、自力で読破は難しそう…。
スポンサーサイト
 
Comment
  ぱしもん [URL] #-
ども^^;

久々に着てみたら、更新されてたんですね。

論争をするつもりは無いんですが、

>国家とは、人間が「暴力」と無関係でありえないがゆえに生じる不可避の運動のことであり、特定の生産様式や「国民」という幻想によって生じるのではなく、それらに先立って一気に成立するものだ、ということが示される。

のあたり、どういう話なのかちょっと興味をもちまして。
前半はホッブズを連想しますが、後半のあたりが・・・。

私は「想像の共同体」や、経済システムの様式との結びつき―
ようは基本的に従来の理解に立ってきましたので^^;
 2008.01.28 Mon 01:16 [Edit]
  Qwabara [URL] #QnBE/DrA
>ぱしもんさん
コメントどうもです。
今後もぼちぼち更新していくつもりです。

この本では、ベネディクト・アンダーソンやネグリ、マルクスが(それ自体ではなく、それらに対する従来の読解の仕方が)批判されています。

「想像の共同体」や「国家独占資本主義」は近代国民国家(国民=国家)を前提とした議論であって、国家の真に根源的な起源は「暴力の集権装置」であるというのが萱野氏の主張です。まあ一度読んでみてください。とても面白いです。
 2008.01.31 Thu 19:58 [Edit]
  [] #
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント 2008.08.25 Mon 04:03 [Edit]
  (名無し) [URL] #-
ジューシークチュールの検索サイト。通販、水着、バッグ、メンズ、セールなどジューシークチュールに関する各種情報をお届けしています。 http://haircare3.stuartmembery.com/
ジューシークチュール情報局 2008.08.25 Mon 16:07 [Edit]
  (名無し) [URL] #-
フィーバーフューは夏白菊とも呼ばれている、ヨーロッパ原産のキク科の多年草です http://marriageable.thriftystmartin.com/
フィーバーフューと美肌とダイエット 2008.10.25 Sat 09:45 [Edit]
  (名無し) [URL] #-
カフェプランナーとは、カフェに関する基礎知識から技術、店舗経営までを習得したカフェビジネスのスペシャリスト養成を目的とした資格(日本カフェプランナー協会主催) http://symbolic.stepuptechnologies.com/
カフェプランナー 2008.11.05 Wed 08:33 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://noyoka.blog49.fc2.com/tb.php/57-6f755a3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。